にきび予防のためにお腹の調子を整えよう

お腹の調子はお肌の状態に影響するものです。
便通が悪いと感じると、肌のハリが低下してくることが多いです。


お肌が美しくあるためには、細胞にスムーズに栄養を送り届ける必要がありますが、便秘になるとこの機能が低下してしまうのです。

便秘を患っている方は、まずは便通をよくするにきび予防対策が必要です。便秘の状態は、排出されるべき便をためている状態ですから、身体にとって非常に悪いのです。

にきびのリスクとなるだけでなく、口臭を発生させる要因ともなります。

有害毒素を体内にため込んでしまうと、肥満も招くようになります。
血中脂質も多くなり、血液がドロドロになるとにきびのリスクも高まります。



便秘解消のためには、多めの食物繊維と水分、油が必要となります。


食物繊維は便のカサを増やして排便を楽にしてくれます。

水が不足すると便が硬くなり、腸内にたまりやすくなります。



そして、にきびの原因になる油も不足してはいけないのです。

油は必要最低限の量は摂取しなければいけません。

Girls Channelの優良サイトの情報を公開中です。

不足すると便秘乾燥肌を引き起こすなど、お肌にとってよいことは何もありません。

ただし、動物性脂肪ではなく魚油として摂るのがおすすめです。

肉類の脂肪は少量なら構いませんが、摂りすぎると肥満や脂質異常症を引き起こします。
魚の油なら体脂肪や血中脂質を増やす原因とはなりませんし、お肌に潤いを与えるためにも役立ちます。

にきび予防のためには、早期に便秘を解消してお腹の調子をよくしていくことも大切なのです。